◆製品レビュー

歩人館

投稿日:

 アシックスのお店、歩人館に行ってきました。

 この歩人館には一度行けばわかると思いますが他の靴屋さんと大きく違う点があります。それは靴のサイズを測るということです。私は靴屋さんで靴のサイズをしっかりと計測した経験は2度しかないのですが、歩人館の靴の計測は足のサイズのみならず、横幅、足の形・バランスと様々な足のデータを計測されます。

 ちなみにもう一つのサイズ計測をしたお店はビルケンでこちらで靴を買った際にはサイズにあう横幅の靴がなかったために第二候補の靴に変更して購入したという経験があります。

 靴って縦のサイズだけでなく横幅も重要なんですよね。ちなみにサイズの測定で優に10分近くはかかります。あとお店によっては機械を使って足の裏への自分の体重の係り具合をチェックしたりなど出来るようです。それによって最適の足型がわかるそうですね。

 私はサイズを測定した際に「本当のサイズは23.5センチです」と言われました。「23.5?23.5?ですか?」と聞きなおした後に「大抵のお客様はご自分の正確な靴のサイズを知ると驚かれます」とまたまた驚く返答。ちなみに私が普段買っている靴のサイズは26センチです。

 そもそもなぜ歩人館に行ったのかというとスーツにあう革靴を買うためでした。ビジネスシューズは男性なら誰でもご存知でしょうし、女性でもハイヒールを履く事を想像していただければ容易にご理解い頂けると思いますが大変疲れるものです。そのため履いていて疲れない靴を、できればアシックスのスポーツシューズに使用している特殊素材の「GEL」搭載の靴を購入できればと思って来店したわけですね。

 ビジネスシューズは普段のスニーカーと違って兎に角疲れるという方は是非一度訪れることをお勧めします。

 それにしても歩人館は本当に凄いですね。私はサイズ測定の際に言われた事は足の形がどう歩いても疲れてしまう疲労しやすい足だということです。もう構造的に歩けば疲れてしまうという形の足らしいです。道理で歩くのが大嫌いで30メートル先のコンビニにも自転車行く理由がわかった気がします。ちなみに今の学校(徒歩4分ぐらい)にも自転車通学をしようとして「その距離を!!」と周囲に驚かれています。

 そんなわけで、私の足の形がO脚なため体重が均等ではなく内側に傾いてしまうことが原因でどうしても疲れてしまうわけで、少しでも疲労が解消するような靴を選んでいただきました。

 最終的に購入した靴はとにかくフィット感が凄いです。まるでオーダーメードのように自分の足にぴったりとフィットします。理想の靴とは「できる限り足と一体感が持てるような靴。まるで靴下感覚のように密着して動くような靴」といわれました。その後、靴の下にプラス1500円で自分にあった中敷を作ってもらい更に疲労の原因となる足の形を矯正するために土踏まずの部分を少し高くしてもらいました。ジャストサイズに、中敷の矯正で劇的に疲労が激減するとのことです。

 もの凄い履き心地がいいのでできればビジネスのみならず日常生活でも使いたいのですがいかんせんカジュアルではデザインの問題が発生するのでそれさえクリアーできれば是非カジュアルシューズでも利用したいですね。

 ちなみにアフターケアもしっかりしておりカカトのソール交換は何度でも靴底全面のソール交換は一度だけですが交換出来るようです。神戸の工場に送るので一ヶ月ほど修理期間がかかるのが難点ですかね。

 足の疲労でお悩みの方は是非一度歩人館を訪れてみて下さい。

その後ネットで見つけたのですが

HADASHIWALKER

超買ってみたいです。きっと素足の様な履き心地なんでしょうね。TATARI BREAKER みたいなナイスなネーミングですね。

-◆製品レビュー

Copyright© ムーン・ウォーカー , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.